公共下水道排水設備設置工事

下水切り替え工事

お住まいの地域に公共下水道が整備されましたら、下水道法により公共下水道への切替工事が必要です。

ご自宅の排水設備 公共下水道

ご自宅の私有地内の排水設備について、下水道の切替工事が必要です。

公共下水道が未整備の地区では一系統の排水設備で排水しています。排水された生活廃水は雨水と共に最寄りの河川などに放流されています。しかし、この方式は、各家庭・事業所から排出された排水が直接河川に流れることから、河川の水質汚濁の原因になっています。自治体では汚水を雨水と分別して汚水処理を行う分流化を進めており、汚水を集約して下水処理場に送るための公共下水道の整備を進めています。

切替工事後は二系統の排水設備(汚水・雨水)が作られることにより、従来の排水設備は雨水だけとなり、従来の下水管に放流され、新設されたもうひとつの排水設備で台所、風呂、洗面台、便所などの汚水を集めて、市町村が設置した公共桝から、新しい下水本管に放流され、下水処理場へ送られます。

浄化槽式のご家庭の場合、便所内の改造工事は不要です。工事後は浄化槽が不要になりますので、工事時に適正に処分されます。汲み取り式のご家庭の場合、旧便槽の処分に伴い、便所内の改造工事が必要になっています。この改造工事の際に和式便所から洋式便所に改造工事される方も増えています。近年に建造された住宅の一部では建設時に汚水・雨水をすでに分流化しているご家庭もあり、この場合は工事費が大変お安くなります。

指定工事店制度について

弊社は総社市指定工事店です。
自治体は上水道、下水道などの工事を適正に行わせるために、一定の基準を定め、審査の上、その基準を満たしている工事店を指定工事店に指定し、
指定工事店以外の者による無届工事を禁じています。
※自治体指定工事店以外では下水切替工事は行なえません。
排水管の内径や勾配、ますの構造などは自治体の条例などで技術的な基準が定められています。
指定工事店はこれらの技術的なことを熟知しており、いろいろな条件や責任が課せられています。